ニキビ跡を消したい!タイプ別改善方法

「やっとニキビが治ったのに、跡が残ってしまった・・・・」

「ニキビ跡がいつまで経っても消えないんだけど・・・・」

ニキビ跡はそれぞれタイプがあるので、種類に応じたケアをするようにしましょう。

ニキビ跡のタイプ

赤みが残るタイプ

ニキビはほぼ治っているのに赤みだけがいつまでも残ってしまいます。長い時間をかければ自然に消えることがほとんどですが、少しでも早く消すにはビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効です。

茶色いシミが残るタイプ

ニキビが治ったあとに残った赤みが茶色くシミになる場合があります。これは色素沈着が原因です。何年かすれば消えることもありますが、日焼けすると消えにくくなってしまうため、紫外線対策が必要です。美白化粧品を使ったお手入れやピーリングが有効です。

陥没が残るタイプ

いわゆるクレーターと言われるタイプです。ニキビの炎症が毛穴周りにまで広がり悪化してしまった場合に陥没が残ってしまうことがあります。クレーターは自宅ケアでの改善は難しいため、皮膚科でのピーリングがおすすめです。100%の改善とはいかなくても、かなり陥没が良くなるはずです。

ニキビは潰すと跡になる?

「跡になるからニキビは潰しちゃダメ!」なんてことをよく聞きますが、それは本当なのでしょうか???

潰すと跡が残るというのは必ずしも正しいとは言えないそうです。潰してもうまくニキビの芯を出すことができれば跡にならず綺麗に治ります。ただ、潰さなくても跡が残る人もいます。

つまり、ニキビが跡になるならないはその人の肌質や体質にもよるのです。肌質で言えば、男性のように肌が硬い人のほうが跡になりやすい傾向にあるようです。

リプロスキン 口コミ

ニキビ肌に必要なのは保湿!

大人ニキビの原因のひとつが乾燥。乳液やクリームなど油分の入ったものを付けるとニキビが悪化しそうで怖い・・・・そんな風に思ってついつい保湿を避けてしまいがちではありませんか?

でも、保湿をしないのはニキビ肌に逆効果。もちろん、油分のつけすぎはダメですが、ある程度の保湿は必要です。

そこでオススメなのが保湿美容液。ヒアルロン酸やセラミドを配合した保湿美容液でしっかり肌に水分補給してあげることが大切です。肌に水分が不足すると毛穴の角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなります。水分をしっかり与えることで、肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなるのです。

また、ビタミンC誘導体の化粧水もおすすめです。皮脂を抑えてニキビを予防するうえ、ニキビ跡にも有効です。

大人ニキビを予防するためのスキンケア方法

  1. クリームタイプのクレンジングでメイクを落とす
  2. ビタミンC誘導体配合の化粧水を付ける
  3. ヒアルロン酸やセラミドを配合した美容液で保湿する

 

メルライン 口コミ

【ニキビにNGな習慣】クレンジングに気をつける

ニキビができる人は「しっかり洗顔して皮脂や汚れを落とさなくては!」と勘違いしている人が多いんですって。

1日に何回も石鹸で洗顔したり、ノーメイクでもクレンジング剤を使ったり・・・

そんな習慣のある人は、今すぐやめましょう。

確かに余分な皮脂や汚れを落とすことは大切ですが、一生懸命洗っても毛穴に詰まった皮脂は取れないうえ、肌がどんんどん乾燥してしまいます。

大人ニキビの原因でもある角質肥厚は乾燥が原因と言われていますが、これは肌の乾燥も原因のひとつなんです。

乾燥して角質が厚く硬くなると、毛穴が詰まってしまいます。

ニキビ予防のためにと思ってやっていた洗顔が逆にニキビを悪化させてしまうのです。

洗顔もしっかりして、メイクもきちんと落としてるのになんでニキビができるのかしら???と思ってる方は、クレンジングや洗顔を見直してみるといいですよ。

なお、大人ニキビが出来る方は使用するクレンジング剤自体を変えてみるといいかもしれません。

もしかしてオイルクレンジングを使ってませんか?オイルクレンジングは洗浄力が強いため、残しておきたい皮脂もごっそり落としてしまうので、肌の乾燥が激しくなる可能性が高いのです。

できればマイルドな洗浄力のクリームタイプのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。