ニキビはなぜできる?

突然ポツンとできるニキビ。

ニキビができるだけで憂鬱になるし、人と会うのが嫌になりますよね。

そんなニキビは10代の若い子だけの悩みと思ったら大間違い。30代,40代になってもできる大人ニキビで悩んでる人が意外と多いんですよね。

では、そもそもニキビはなぜできるのでしょうか?

10代のニキビと大人ニキビは原因が違う

10代の若い肌の場合は余分な皮脂が大きな原因になっているものがほとんど。でも、20代以上の大人ニキビは、脂性肌だからできるというものではなく、乾燥しがちは頬や顎などにできる人もいるんです。

また「アクネ菌が原因」ということでニキビを治すには殺菌するのが一番という人もいますが、アクネ菌がニキビの一因になることもありますが、アクネ菌が諸悪の根源という考え方は間違えています。

皮脂もアクネ菌も肌にとっては必要なものなんです。

そもそもニキビができる原因は毛穴の出口の角質が厚くなってしまうため。角質が厚くなりすぎると毛穴が塞がれてしまい、皮脂が詰まってきてしまいます。毛穴に詰まった皮脂のせいでアクネ菌が増殖。炎症を起こしてニキビがひどくなっていくのです。

つまり大人ニキビは、皮脂分泌や毛穴の角質肥厚、アクネ菌の活動などに影響を及ぼすホルモンや免疫といった体内バランスの乱れが原因なんです。

ストレスが溜まったり、食生活が乱れるとニキビってできませんか?睡眠不足のときにもできることも多いのではないでしょうか。

大人ニキビで悩んでいる方は、自分の生活スタイルや食生活を見直してみましょう。

コメントを残す