ニキビ跡を消したい!タイプ別改善方法

「やっとニキビが治ったのに、跡が残ってしまった・・・・」

「ニキビ跡がいつまで経っても消えないんだけど・・・・」

ニキビ跡はそれぞれタイプがあるので、種類に応じたケアをするようにしましょう。

ニキビ跡のタイプ

赤みが残るタイプ

ニキビはほぼ治っているのに赤みだけがいつまでも残ってしまいます。長い時間をかければ自然に消えることがほとんどですが、少しでも早く消すにはビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCのイオン導入が有効です。

茶色いシミが残るタイプ

ニキビが治ったあとに残った赤みが茶色くシミになる場合があります。これは色素沈着が原因です。何年かすれば消えることもありますが、日焼けすると消えにくくなってしまうため、紫外線対策が必要です。美白化粧品を使ったお手入れやピーリングが有効です。

陥没が残るタイプ

いわゆるクレーターと言われるタイプです。ニキビの炎症が毛穴周りにまで広がり悪化してしまった場合に陥没が残ってしまうことがあります。クレーターは自宅ケアでの改善は難しいため、皮膚科でのピーリングがおすすめです。100%の改善とはいかなくても、かなり陥没が良くなるはずです。

ニキビは潰すと跡になる?

「跡になるからニキビは潰しちゃダメ!」なんてことをよく聞きますが、それは本当なのでしょうか???

潰すと跡が残るというのは必ずしも正しいとは言えないそうです。潰してもうまくニキビの芯を出すことができれば跡にならず綺麗に治ります。ただ、潰さなくても跡が残る人もいます。

つまり、ニキビが跡になるならないはその人の肌質や体質にもよるのです。肌質で言えば、男性のように肌が硬い人のほうが跡になりやすい傾向にあるようです。

リプロスキン 口コミ

コメントを残す